キュリオステーション大泉学園店 テストセンターでは、MOS・VBA・MT・AIC3・ACA・ビジネス統計・サーティファイなど数多くの試験を実施しています。

実施試験科目一覧

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用を証明できる資格です

 

VBAエキスパート

ExcelやAccessなどのアプリケーションに、指示した通りの処理を実行させる機能をマクロといいます。VBAは、マクロにExcelやAccessへの指示を記述するための言語で、Visual Basicをベースに、マイクロソフト オフィス製品用に開発されたプログラミング言語です。VBAを使うことで、ExcelやAccessを自在に制御することが可能になるので、ルーティンワークの自動化や大量データの一括処理、または業務システムの開発など、企業内で多岐にわたって活用されています。

 

MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)

MTAは、技術情報系の基本的な知識を証明するMicrosoftの新しいエントリーレベルの認定資格プログラムです。 世界で実施されているグローバルな認定資格で、認定されたスキルは世界で通用します。

 

IC3(アイシースリー)

IC3(アイシースリー)は、コンピュータやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明できる国際資格です。試験は「コンピューティング ファンダメンタルズ」「キー アプリケーションズ」「リビング オンライン」の3科目で構成されています。

 

ACA(アドビ認定アソシエイト)

アドビ システムズ社が認定するエントリーレベルの認定資格です。デジタルメディアを使用して効果的なビジュアルコミュニケーションを計画、設計、構築、保守するために必要な基本的なスキル、およびアドビ システムズ社のソフトウェア製品を使いこなすスキルを証明します。デザイン系の学習を始めたまたは学習中の学生を主な対象者として、職場で評価される知識と技能を確実に身に付ける資格として位置付けられています。ACAの試科目は製品ごとに独立しており、合格者には世界共通の認定証が発行されます。

 

ビジネス統計スペシャリスト

一般のビジネスパーソンにとってビジネス実務で必要なデータ分析スキルは、確率分布や仮説検定、推定などの統計知識と、コンピューターで分析ツールを使用してデータを分析する技能に大きく分類できます。また、多くのビジネスパーソンがコンピューターでデータを分析するのに身近で強力なツールはExcelです。ビジネス統計スペシャリストは、データ分析の”実践”に重点を置き、身近に活用できるExcelを使用したデータ分析技能と、分析結果を正確に理解し、応用する能力を評価します。

 

ビジネス能力認定 サーティファイ

ビジネスで役立つ知識と技術の習得を目的とした資格検定試験。8割以上の受験者の皆様が“実務的な試験である”と評価しています。

 

アクセス

電車をご利用の方
西武池袋線 大泉学園駅 徒歩5分
駅北口を出て大泉街道方面に向かい、ファミリーマートの交差点を右折して約100m
お好み屋さんを過ぎ ハンコ屋さんの隣です
バスをご利用の方
西武バス 妙延寺前 徒歩2分

更新日:

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.